お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

痩身とリバウンド

ダイエットを行って目標体重、もしくはそれ以下まで落とした後、減量前まで体重を戻してしまうことが良くある。これをリバウンドと称する。

リバウンドの原因として以下の原因が挙げられる。

過度のダイエットにより飢餓状態に陥った体が過剰に栄養分を吸収しやすくなった
体重減少の原因が主に筋肉だった為に基礎代謝が減少してしまった。
体重減少で安心して継続して運動することを怠った。
ダイエット、リバウンドを繰り返すと基本的に体重は落ちにくくなる為、ダイエットの後の自己管理も重要とされる。運動を怠っている場合、増加する体重の多くは脂肪として蓄積される分となるため、一般的には筋肉より脂肪の割合が増加してしまい、以前と同じ体重であっても体積は増大しており、「体型」がより太くなることがある。この悪循環に陥ると、筋力の減少により運動で負荷が以前より掛けられず、運動によるカロリー消費の効率も落ちてしまい、元の状態の復帰に時間がかかる。

骨盤体操

妊娠、出産と赤ちゃんのために、がんばったおかあさんの骨盤はかなり広がってしまっています。下半身がちょっと太り気味の人は、特に骨盤のゆがみ、骨盤が広がったままになってしまった状態です。産後ダイエットとあわせて骨盤体操をやりましょう。

お家で出来る骨盤体操をやって骨盤を調整しましょう。

床に仰向けになり立膝にして、腰をゆっくり上に上げ、ゆっくりと息を吐きます。反対に今度はゆっくりと息を吸いながら腰を下に下げます。これを10回繰り返します。

次に立った状態で足を軽く開いて背筋を伸ばします。ひざは少し軽くまげ、片手はお腹に、もう一方の手は腰にあてます。そして骨盤を前後にゆっくりと動かします。これも10回繰り返します。

最後にやはり立ったままで両手を腰にあてます。そして骨盤を左右にゆっくりと動かします。これを10回繰り返します。

最初からペースを上げずにこのくらいで継続しましょうね。竹内結子さんの骨盤ダイエットで骨盤体操が有名になりましたが、いろんなやり方があります。

色々やってみて自分にあった方法で途中で挫折しないようなやり方で、継続してできる骨盤体操を身に付けましょうね。時間の取れたら整体士の先生にお願いしてみるのも良いでしょう。

炭水化物のダイエット

炭水化物は生物にとって大きく分けて3種類の働きを持ちます。エネルギー源、形態構築の材料、分子的な標識、 単糖であるグルコースは細胞の主なエネルギー源です。また、とりわけ人間にとっては、思考の際の脳のエネルギー源としても非常に重要です。グルコースは植物ではデンプン、動物ではグリコーゲンとして、高分子として体内に蓄えられます。

植物の体はセルロースという多糖によって構成されている。セルロースはデンプンと同じグルコースの多量体ですが、結合様式が異なるため、化学的に極めて強い構造を持ちます。セルロースは細胞壁の主成分として活用されています。

また、細胞の表層には、糖鎖と呼ばれる糖の多量体が結合していて、タンパク質に対する受容体ほど強くは無いものの、生体内である種の「標識」としてはたらいています。

短期間で、比較的効果的な方法として広まっているのは、この炭水化物制限の方法です。目安として、午後3時以降は、炭水化物を摂らないと決めたりし、人間の体的には朝、昼に摂った炭水化物で十分であり、運動量が収束に向かう夕方以降の炭水化物摂取は、糖や脂肪になるだけであるという考え方があります。

炭水化物の摂取により糖に分解され発生するインスリンが体脂肪を生成し肥満につながるという説があり、インスリン抑制を目的にした痩せる方法が盛んに実践されていますね。

ちなみに炭水化物を含んだ食品です。
  100★ブドウ糖
100〜90★ベークドポテト・高級パン・マッシュポテト・蜂蜜
90〜80★にんじん・コーンフレーク・お餅
80〜70★砂糖・食パン・ボイルドポテト・ビスケット・とうもろこし・白米ご飯
70〜60★胚芽の混じったパン・ビート・ぶどう・レーズン・バナナ
60〜50★ジャム・ショ糖・グリーンピース・ポテトチップ・そば・玄米ご飯・シリアル
50〜40★オートミール・100%果汁ジュース・ライ麦パン・うずら豆・煮豆
40〜30★アイスクリーム・ヨーグルト・りんご・インゲン豆・スパゲティ・フルーツ
30〜20★平豆
20〜10★果糖・大豆・緑黄色野菜・レモン・きのこ・海藻・ピーナツ

エクササイズ−2

中性脂肪から遊離脂肪酸への分解は、体内で常に起きています。
エネルギー源として脂肪は常に血液中に存在しますが、最初に運動で用いられるエネルギー源は血中のブドウ糖、由来のもの解糖系によるエネルギーといわれています。

糖分は迅速にエネルギーに変換されるため、運動初期、とくに運動開始時に急激に必要エネルギーが増大したときに用いられやすく、その後、遊離脂肪酸からエネルギーが作られていき、運動が安定していくと徐々にそちらに切り替わる。ハイブリッドカーの電気モーターとガソリンエンジンの関係にも似ています。

分解された遊離脂肪酸は、使われなければまた中性脂肪に合成され、カプサイシンやカフェインなど、中性脂肪から遊離脂肪酸への分解を促進することが知られている化学物質も、摂取するだけでは遊離脂肪酸自体は消費されず、余剰の状態で再び中性脂肪に戻っていくので、それだけでは減量に寄与しないことがわかります。

交感神経系が活発化することで基礎代謝量が上昇する効果は期待できるものの、目的とする減量からすればごく僅かでしょう。そうした物質の持つ興奮作用でエクササイズの効率を高める、ともいえますが、精神作用物質の効果で無理に身体に負荷を掛けることは、安全性の面からは考えると疑問です。

エクササイズ−1

食べたエネルギーよりも運動によっていっぱいエネルギーを消費することで、体内の備蓄エネルギーの大半を占める体脂肪を消費させて、結果として体重が減る、痩身の目的を達成するのが、運動による減量の主なメカニズムですね。

エクササイズよる痩身の基本的な考え方は、食事による摂取カロリーよりも基礎代謝による使用カロリーと運動や活動による使用カロリーを多くすることで、消費カロリーを増やすことにより減量し、結果として痩身の目的を達成するというものです。

また、単に運動による脂肪量の減少で体重が減る、というのみではなく、筋肉量の増加によるいわゆる引き締まった身体が目的ともなります。その場合、体型は美しくなるが体重はむしろ増えることもあります。

筋肥大によって上昇する基礎代謝量は筋1kgにつき一日50kcal程度といわれています。これそのものによる消費カロリーの増加で減量を実現させるという人もいますが、実際のところは増えた筋肉により筋力が増大し、エクササイズ時の負荷を増大させることが出来るために、運動時の消費カロリーが効率よく増加することで減量している、というのが効果でしょう。

ダイエットによるもの

ダイエットによる痩身の基本的な考え方は、食事による摂取カロリーより運動や活動による使用カロリーを大きくすることにより摂取カロリーを減らすことで、体重を減少させ、結果として痩身をするというものです。

基礎代謝は、何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために生体で生理的に行われている活動で、当然エネルギーを必要とします。エネルギー熱量は、成長期が終了して代謝が安定した一般の成人で、一日に約1200キロカロリーとされています。体重1gあたり、脂肪は9キロカロリー、炭水化物は4キロカロリー、たんぱく質は4キロカロリーが消費されます。

痩身目的でのダイエットの際に注目すべき栄養素は脂肪、炭水化物、たんぱく質です。日常生活を送る上では一日中何もせずじっとしているわけではないので、当然これより多くのカロリーが消費されます。

豆乳クッキーダイエットも食べるものですからダイエットの部類になりますが、これが痩身できる最後の方法とか考えないで、これも痩身のひとつの方法くらいに考えて、実行してみるのをお勧めします。

偏らない食事をバランスよく取りましょうね。

分娩

通常妊娠40週頃において、子宮筋が周期的に収縮を繰り返し始め産気づきます。最初は、間歇的に突っ張る程度だったのが、だんだん強度と頻度を増していきます。

子宮の定期的な収縮が10分間欠、または1時間に6回となった時点で陣痛発来といいます。

子宮の収縮で胎児の頭が子宮口をだんだん押しひろげていく。子宮口が広がることを子宮口開大と言う。

収縮を繰り返すうちに、胎胞の卵膜が破れて羊水が出る(破水)。直径10cmで全開大。 陣痛と同時に産婦に努責(いきみ)がおこり(息を止めて腹に力を加えるような状態)、胎児はゆっくりと回旋しながら産道を下降し、ついには母体から出る。

分娩は第1期から第3期まで分けられる。

★ 正常経膣分娩の所要時間
経産婦では各々約6時間、1時間、10分、初妊婦ではその倍の約12時間、2時間、20分、といわれているが、その所要時間は個体差が著しい。

★ 分娩第1期
分娩第1期は分娩開始(陣痛発来)から、胎児が下降して子宮口全開大になるまで。分娩第1期を開口期とも言う。

★ 分娩第2期
分娩第2期は子宮口全開大から胎児が娩出されるまで。胎児が娩出する事を児娩出と言う。分娩第2期は娩出期とも言う。

★ 分娩第3期
分娩第3期は児娩出から胎盤等が娩出し終わるまで。児娩出によって不要となった胎盤は、児娩出の後数分で剥がれ、娩出される。胎盤は胞衣と呼ばれることがある。後産によって胎児付属物が娩出される事を後産娩出と言う。分娩第3期は後産期、後産とも言う。

元気なあかちゃんは肌は赤みがかって出生直後から啼泣します。

痩身とは

まず、痩身とは、健康や美容などを目的として、ダイエットや運動、器具や手術などの方法を用いて、より細い体型を目指してがんばることです。

一言で痩身といってもやり方は様々です。運動や食事制限や健康食品を使ったり、エステに通ったりと、どれも根気と時間がかかります。ダイエットするぞ!と意思を強くしてもなんだかんだと理由をつけて、結局ダイエットできないことありますよね?

痩身・ダイエット方法としては真っ先に思いつくのは食事制限だと思います。ダイエット=痩せたいと言うのが一般的です。でも産後の体は大きな仕事をした後ですからダメージを受けていますからいたわりながらの食事を心がけることが大切です。

筋肉は脂肪よりも単位体積あたりの質量が大きいため、同じ体重であってもそれらの比率が異なると、体型も異なる。そのため、同じ身長で、体重がより大きいにもかかわらず、体型が細くなることもあります。

体に無理なく健康体になることは、心も体もバランスよく進めることが大切ですね。

産後ダイエットの基本は、食事と運動

3時間置きのミルク、おしっこやウンチのお世話、・・・とうれしい幸せを感じながらもお母さんは無償の奉仕で赤ちゃんに愛を注ぎます。

おかあさんになった幸せ感とこれから赤ちゃんのお世話の大変さが入り混じったなんとも不思議な感覚ですね。しかし妊娠中の食習慣や体を動かさない生活をだらだら続けているとその体型が定着し、元に戻らなくなる恐れがあります。

赤ちゃんのお世話もしっかりとやり、早めにお母さんの体のメンテナンスを始めましょうね。ダイエットできなくなってしまうことになりますよ。

産後ダイエットで重要なポイントは、産後6ヶ月以内に元の体型に戻すことです。それには運動ですが、無理をしないことが前提となり、妊娠中に低下した基礎代謝量を上げるため、軽い筋力トレーニングと骨盤を矯正する体操に効果あるようです。

妊娠して出産という大きな仕事をした体も産後は元の体の状態を回復しようとしているので、この時期にちょっと心がけて体に手を貸してあげると意外とすんなりダイエットに成功できるようです。



※この記事他はあくまでも私の趣味として連載してます。間違いがありましても私は一切責任は負いません。